ストレングスファインダーの結果に納得がいかず、2回診断をした

こんにちは、ナリトクエストのなりです。

自分の才能を知って、本当の自分の人生を送りたい。

そう思ってストレングスファインダーをやってみました。

しかし、自分が思っていた強みがなく、どうしても納得できなかったので、もう1回診断を受けてみました。

この記事では、2回受けた結果、どう結果が変わったのかお伝えしていきます。

もし自分の診断結果に納得がいかず悩んでいる方はご参考ください。

納得がいかなかった原因

ストレングスファインダーの結果に納得がいかなかった原因は、ちゃんと診断を受けられたか不安があるからです。

具体的には、診断中に起きた以下のことが原因です。

  1. トレイに行きたくなった
  2. 気がちって集中力が切れた
  3. 本の内容に影響されていた

1.トイレにいきたくなった

質問に答えるために、30分程度かかります。

回答には時間制限があるので、トイレには行けません。トイレにいけないことがわかると、余計いきたくなります。

トイレに行くのを我慢しながら、診断を受けた結果、最後の方は投げやりな回答をしてしまったのではないか。

トイレを我慢した、これが第1に診断結果に納得がいかなかった結果です。

2.気が散って集中力が切れた

始まって、数分後『ピンポーン』という音。無視していると、「宅配便でーす」とドアを叩かれる。宅配お願いしていたの、忘れていました

そのまま、居留守を使い帰ってもらいましたが、その時の回答は何を答えたか覚えていません。

集中力を阻害された、これが第2に診断結果に納得がいかなかった結果です。

3.本の内容に影響されていた

ストレングスファインダー診断をする前に、ホリエモンさんの本を読んでいました。

すると本の内容が頭にインプットされているため、本来の自分とは違うホリエモン的回答をしてしまったような気がします。

多動力なんて全然ないのに、行動力がある?はい!みたいな回答していたかも知れません。

本の内容に影響を受けた、これが第3に診断結果に納得がいかなかった結果です。

第1回目

じゃあ診断結果はどうだったかというと、1回目は以下の通りでした。

  1. 回復思考(かいふくしこう)
  2. 内省(ないしょう)
  3. 収集心(しゅうしゅうしん)
  4. 学習欲(がくしゅうよく)
  5. 規律性(きりつせい)

典型的な内向型の診断結果でした。

情報収集して、そこから学んで、考えをこねくり回す、個人主義的な才能です。

職場の人間関係が最悪で、とにかく仕事をやめたい願望がありました。

第2回目

第2回目の結果は以下の通りでした。

  1. 回復思考(かいふくしこう)
  2. 調和性(ちょうわせい)
  3. 規律性(きりつせい)
  4. 公平性(こうへいせい)
  5. 慎重さ(しんちょう)

1回目と比べて、内向的な性格が少し丸くなり、外向的になりました。

このときの状態は、職場の人間関係がリセットされ、割とストレスフリーな状態のときです。

広く浅く付き合う、みんなと協力して仕事する会社員って感じの才能です。

このまま、事なかれ主義で過ごしたいという願望がありました。

2回受けたところで効果はあったか

多少の変化はあっても、根本的な才能は変化がありませんでした。

根本的な才能は2つ

  1. 回復思考(かいふくしこう)
  2. 規律性(きりつせい)

この2つを軸にして才能を伸ばしていくと良さそうです。

ちなみに公式サイトによると、1回目が「自己を最もよく表した純粋な結果」だそうです。

2回やる前にちゃんと公式サイトを読んでおけばよかった。

公式サイト「CliftonStrengths」

ただ個人的には、コンディションによるんじゃないかなって思うところもあります。

私のように2回やって、コアな才能を見つけたい方は再チャレンジしてみてください。

自分の才能を把握して、得意なことを伸ばしていきましょう。

それではまた

ABOUT ME
なり
内向的人間で、人と関わるのが大の苦手 家に閉じこもりがちの「なり」が外の世界に冒険に出ます。 いろんな困難に立ち向かいながら、穏やかな暮らしを送っていくために 役立つ情報をお伝えしていけたらいいなと思っております。