健康

六本木の森美術館【魂がふるえる】で芸術の秋を堪能してきた

定期的に芸術にふれ、最高の体調を手に入れるクエストに挑戦中です。

今回は、六本木にある「森美術館」にいって参りました。

「塩田千春」さんの【魂がふるえる】展というイベントがやっておりましたので、ご報告です。外出時の参考になれば幸いです。

六本木の森美術館へ

こちらは、会場エスカレーター前の写真。

エスカレーターを上がり、エレベーターで53階へ。

会場に入るまえから、塩田千春さんの作品をみることができます。

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、黒い糸で作品が垂れ下がっております。

白いかざりもすべて糸です。塩田千春氏は「糸」をメイン作品にしているとのこと。

糸はもつれ、絡まり、切れ、解ける

それは、まるで人間関係を表すように、私の心をいつも映し出す

参照:「魂がふるえる展」塩田千春氏

深いなぁ・・・。

会場の入ると、最初の糸の作品が出迎えてくれます。

両手の銅像が「糸」を抱えている作品です。

ここでも「糸」(はりがね?)が使われておりました。

赤い糸の作品①

少し進むと、赤い糸が張り巡らされた部屋が現れます。

写真だと真っ赤ですが、目がチカチカするような赤ではないです。

作品名は「不確かな旅」

おそらく船。

こちら、大きいバージョン。

糸を近くからみると、こんな感じです。

幾何学模様で編み込まれているそうです。

繊細な作品で、思わず触れたくなるような作品でした。
(意志力を使って、堪えました。)

赤い糸の作品②

続いて、本来の順路とは異なりますが、別の部屋にある赤い糸の作品。

天井から赤い糸が垂れ下がり、たくさんのカバンと糸が繋がっています。

進めば進むほど、カバンが高くなっていく。

後ろ側はこんな感じ。本当たくさんありました。

よくみると、赤い糸が上で全て繋がっております。

作品から、いろんな物語を想像するのも楽しみの1つですね。

黒い糸の作品

続いて、黒い糸の作品。

中央にあるのは焼けたピアノです。題名は「静けさの中で」

黒い糸は、鳥肌がたつようなダークな作品が多い。

こちら、重苦しい雰囲気です。

こちらは、焼けた椅子。観客席かな?

あとは、別で白いドレスがあったり。

赤から黒になると、だいぶ印象が変わりますね。

その他

あとは絵や写真があったり

クリエイティブなおもちゃがたくさんおいてある部屋

窓ガラスの壁があったり。

糸の他にも見応えがありました。

また、デジタル映像があったり舞台などで使われた作品もありました。

個人的には、泥の作品に衝撃をうけました。映像作品なのですが、作者が泥風呂で、泥まみれになっておりました。ご興味がある方は、現地でご確認くださいませ。

六本木のカヌレが美味しかった

余談ですが「パティスリー ココアンジュ」ってお店のカヌレが美味しかったので、お伝えしておこうかと。

プレーン味

多分、チョコレート味

芸術を堪能したあと、コーヒーのおともにどうぞ。

まとめ

六本木の森美術館で開催中の【塩田千春展:魂がふるえる】の報告でした。

森美術館は、時期によって展示されるものが違うので、公式HPから確認することをおすすめします。(今回ご紹介した展示は2019.10.27まで)

森美術館HP

また、事前にチケットを買うと、安く入場できます(1800→1500円 ※2019.10月時点)

私はアソビューというところで購入しました。「チケットぴあ」でも購入できるので、時間に余裕のある方はどうぞ。

それでは、芸術をお楽しみください。
ナリトクエスト なり

ABOUT ME
なり
他人の顔色を伺って、消耗した生活を送っている管理人「なり」が、人生をゲーム化して、自分を変えていくためのブログ。 メンタル弱くて、人見知り。初対面の人とは、上手に会話できない人間がどこまでレベルアップできるか、応援いただけると幸いです。