本・電子書籍

読書が苦手な方でも読みやすい、オススメ小説ベスト5

こんにちは、なりとくblogのなりです。

この記事では、読書が苦手な方や、何を読んだらわからない人向けに

読みやすい本の情報を記載しています。

はじめに

[voice icon=”https://www.naritoku.com/wp-content/uploads/2017/10/animal_penguin.png” name=”弟” type=”l”]読書を始めようと思うんだけど、なんか有名なの持ってる?[/voice]

[voice icon=”https://www.naritoku.com/wp-content/uploads/2017/10/animal_neko.png” name=”なり” type=”l”]はい、どうぞ。「カラマーゾフの兄弟」という本だよ。[/voice]

[voice icon=”https://www.naritoku.com/wp-content/uploads/2017/10/animal_penguin.png” name=”弟” type=”l”]ふ〜ん、どれどれ・・・わが主人アレク・・・Zzzz。[/voice]

読書を始める時って、どんな本を選べばいいのか、迷いますよね。

有名な本は、むずかしい表現が多くていやになったり

弟のように、寝てしまうこともあるのではないでしょうか。

そこで、今回はそんな弟でも読めた本をランキング形式で紹介します。

読みやすい本ばかりなので

本が苦手な人

どんな本を選んだらいいかわからない人

はぜひ参考にしてみてください。

※ランキングはあくまでも、弟の主観になります。

第1位『燃えよ剣』

著者:司馬遼太郎(しば りょうたろう)

ジャンル:長編歴史小説

物語は、新撰組副長である「土方歳三」の生涯を描いた有名な作品です。

剣術でのバトルシーンもそうですが、

登場人物の生き様がかっこいいです。

感化されて、熱い気持ちになります。

新撰組というテーマも、頭の中でイメージがしやすいです。弟は「銀魂」という漫画orアニメをみていたので、比較的スラスラと読むことが出来たといっていました。

[voice icon=”https://www.naritoku.com/wp-content/uploads/2017/10/animal_penguin.png” name=”弟” type=”l”]はいこれ。剣術の練習しよう。[/voice]

[voice icon=”https://www.naritoku.com/wp-content/uploads/2017/10/animal_neko.png” name=”なり” type=”l”]えっ、いたっ・・いたたた・・・。[/voice]

第2位『イニシエーションラブ』

著者:乾(いぬい)くるみ

ジャンル:恋愛小説

恋愛小説ですが、ミステリー要素もあります。

読み終えた後、もう一度最初から読みたくなる、そんな作品です。

最後の二行にある秘密を知ったときのゾワッとする感覚がよかったそうです。恋愛ものなので物語に入りやすく、ミステリー要素の斬新さが合間って2位になりました。

小説が苦手な方は、イメージをつけるために映画から見てみるのもありです。TSUTAYAでDVDレンタルが出来ます。

※なお一部「性描写」があるため、苦手な方はご注意ください。

[voice icon=”https://www.naritoku.com/wp-content/uploads/2017/10/animal_penguin.png” name=”弟” type=”l”]えっ、これ・・どういうこと・・・?[/voice]

[voice icon=”https://www.naritoku.com/wp-content/uploads/2017/10/animal_neko.png” name=”なり” type=”l”]いや、実はね・・・[/voice]

第3位『LOVE理論』

著者:水野 敬也(みずの けいや)

ジャンル:恋愛マニュアル

恋愛マニュアルを主人公の成長と共に学ぶことが出来ます。

ユーモア溢れるジョークもたくさん散りばめられていて、読みやすい本です。

恋愛経験の少ない方は、参考になる知識が満載です。

「LOVE理論」は漫画も出ています。小説が苦手な方は、漫画から入ると読みやすいです。絵も綺麗で、女の子も可愛いです。

[voice icon=”https://www.naritoku.com/wp-content/uploads/2017/10/animal_penguin.png” name=”弟” type=”l”]女性が本当に求める優しさ、これなんだかわかる?[/voice]

[voice icon=”https://www.naritoku.com/wp-content/uploads/2017/10/animal_neko.png” name=”なり” type=”l”](めっちゃドヤ顔だ・・・)[/voice]

第4位『死神の精度』

著者:伊坂 幸太郎

ジャンル:ミステリー

クールで少し感覚がずれている死神が、人間の死を判定する物語です。

鎌を持った怖い死神ではなく、そこらへんにいそうな死神が出てきます。会話も多く、物語に入りやすいこみやすいです。

音楽が好きな人や、サラリーマンの方はこの小説を読んで空想に浸って欲しいです。

これも映画が出ているので、小説が苦手な方は、まず映画から見てみるとイメージしやすくなると思います。

人気作品のため、続編が出ています。「死神の浮力」という本です。死神VSサイコパスという想像もつかない戦いが繰り広げられます。でも基本的にゆったりとしています。

[voice icon=”https://www.naritoku.com/wp-content/uploads/2017/10/animal_penguin.png” name=”弟” type=”l”]ちょっとCDショップいって死神に会ってくるわ。[/voice]

[voice icon=”https://www.naritoku.com/wp-content/uploads/2017/10/animal_neko.png” name=”なり” type=”l”]お手を触れないようにね・・・。[/voice]

第5位『博士の愛した数式』

著者:小川 洋子

ジャンル:感動小説

元数学者で80分しか記憶が持たない博士、家政婦とその息子の物語です。

読み終わったあとは、優しい気持ちになれます。

心の疲れている人などは、ぜひ読むことをおすすめします。

数学わからなくても大丈夫です。映画もあるので、小説が苦手な方は映画からどうぞ。平成29年11月現在、アマゾンプライムの方は、無料でみることが出来ます。

[voice icon=”https://www.naritoku.com/wp-content/uploads/2017/10/animal_penguin.png” name=”弟” type=”l”]数学の本なんて無理だよ。しかも感動小説とか嫌いだし。[/voice]

[voice icon=”https://www.naritoku.com/wp-content/uploads/2017/10/animal_neko.png” name=”なり” type=”l”]まぁまぁ、とりあえず読んでみてよ。[/voice]

[voice icon=”https://www.naritoku.com/wp-content/uploads/2017/10/animal_penguin.png” name=”弟” type=”l”]ちょっとハンカチとって・・・いや、泣いてないから。これ汗だから。[/voice]

まとめ

読書が苦手な方でも読みやすい

オススメ小説ベスト5は以下の通りになります。

  1. 燃えよ剣:司馬遼太郎
  2. イニシエーションラブ:乾くるみ
  3. LOVE理論:水野敬也
  4. 死神の精度:伊坂幸太郎
  5. 博士の愛した数式:小川洋子

ランキング形式でしたが、紹介した本5冊は、どれもおすすめです。

ぜひこの機会に、一読してみてください。

小説を読むと、新しいことにたくさん出会えて楽しみが増えますね。

それではまた。

[voice icon=”https://www.naritoku.com/wp-content/uploads/2017/10/animal_neko.png” name=”なり” type=”l”]たくさん本を読むようになったね〜♪[/voice]

[voice icon=”https://www.naritoku.com/wp-content/uploads/2017/10/animal_penguin.png” name=”弟” type=”l”]最近は、「君の膵臓を食べたい」が面白かったな〜[/voice]

[voice icon=”https://www.naritoku.com/wp-content/uploads/2017/10/animal_neko.png” name=”なり” type=”l”]ではここで、「カラマーゾフの兄弟」をどうぞ。[/voice]

[voice icon=”https://www.naritoku.com/wp-content/uploads/2017/10/animal_penguin.png” name=”弟” type=”l”]ふ〜ん、どれどれ・・・わが主人アレク・・・Zzzz。[/voice]

ABOUT ME
なり
内向的人間で、人と関わるのが大の苦手 家に閉じこもりがちの「なり」が外の世界に冒険に出ます。 いろんな困難に立ち向かいながら、穏やかな暮らしを送っていくために 役立つ情報をお伝えしていけたらいいなと思っております。