ダイエット

急に不安が襲ってきた時に、試してみて欲しい自尊心を回復する方法

こんにちは、なりとくblogのなりです。

今回は、「自尊心を回復する方法」についてお伝えします。

はじめに

[voice icon=”https://www.naritoku.com/wp-content/uploads/2018/04/monster02.png” name=”不安のタネ” type=”l”]不安をプレゼントしにきたよ〜♩[/voice]

[voice icon=”https://www.naritoku.com/wp-content/uploads/2017/10/animal_neko.png” name=”なり” type=”l”]またきたな〜、不安のタネめ!!![/voice]

[voice icon=”https://www.naritoku.com/wp-content/uploads/2018/04/monster02.png” name=”不安のタネ” type=”l”]そんなこと言わないでくれよ〜長い付き合いじゃないか。[/voice]

[voice icon=”https://www.naritoku.com/wp-content/uploads/2017/10/animal_neko.png” name=”なり” type=”l”]いつも僕を惑わしてからに!!今日こそ、やっつけてやる!![/voice]

家族や友人と喧嘩をしたり、職場で嫌なことがあったりすると

不安になりますよね。

不安になると、自尊心が落ち込んでしまいます。

自尊心が落ち込むと、なかなか正常な判断ができないものです

そこで今回は、「不安な時に試して欲しいこと」についてお伝えしていきます。

やって欲しいこと一覧

私はメンタルがかなり弱い方なので

よく不安と対峙します。

そのたびにいろんな本やサイトを読んで実践するのですが

効果がなかった方法もたくさんありました。

そこで、私が試してみて、効果があったものを一覧にして見たので

この中から、自分にあった方法を探して見てください。

  • 呼吸の方法を変える
  • 身体を動かす
  • 単純作業に没頭する
  • 自分の気持ちを全て書き出す
  • 音楽を聞く
  • 名言を声に出していう
  • 暖かいお風呂に入る
  • 新しいことを学習する

 

1つずつ、簡単にご説明していきます。

呼吸の方法を変える


不安に襲われると、呼吸が浅くなります。

浅くなった呼吸は、全身の血の巡りを悪くして

心だけではなく、身体まで蝕んでしまいます。

そこで、深呼吸をして見ましょう。

深呼吸

大きく息を吸って、ゆっくりと吐き出します。

深呼吸をすることで、酸素が全身に行き渡り、不安を軽くすることができます。

深呼吸をする時のコツは、息を出し切ることです。

全て息を出せれば、自然と深い呼吸になるそうなので、お試しください。

呼吸を止める

息を止めるのも、不安を軽くする方法の1つです。

息を限界まで止めると

「あれ?死んじゃうんじゃないか?」

という恐怖が生まれます。

この恐怖を味わうことで「生きていてよかった!」と思うことができて

不安そのものを、吹き飛ばすことができます。

私もよくやっているのですが、やる場所には注意です。

やっている最中の話しかけられて、変な人だなって顔されたことがあります。

くれぐれも、人が多い街中ではやらないことをおすすめします。

身体を動かす


身体を動かすと、ストレス解消になるというのは

いろんなところで目にすると思います。

私の場合は、息が上がるくらい激しい運動をしないと

頭が空っぽにならないので

移動する時に、猛スピードで自転車を漕いでいます。

皆さんもぜひ、自分なりの運動方法を見つけて見てください。

軽めの運動をしても、頭がモヤモヤしている人は

私のように、激しめの運動がおすすめです。

その時は、だいたい眉間にシワがよった怖い顔になるので

マスクをすると、周りからの評判を防ぐことができるでしょう。

単純作業に没頭する


頭の中を空っぽにして、不安を追い出すことができます。

私の場合は、料理を作ることで、頭の中を空っぽにします。

もう慣れたもので、男性の一人暮らしも5年目です。

5年も立てば、なにかしら作れるようになっています。

野菜をたくさん切ったり、無駄に食事を作ってしまうこともありますが

不安は一時的に、追い出すことができるのでおすすめです。

料理を作る元気もない時は、ひたすら部屋の掃除をしています。

床を吹いたり、お風呂掃除をしたり、とにかく細かいところまで掃除します。

掃除もやだって人は、いらないものを処分して見てください。

あっというまに、2〜3時間は経つと思います。

頭の中は、部屋のレイアウトのことでいっぱいになっているはずです。

自分の気持ちを全て書き出す


モヤモヤとしていた気持ちの正体がわかって

不安がスッキリすることがあります。

頭の中で考えていると、いろんな思考が飛んでいって

よくわからなくなってきます。

そんな余計な思考を全て書き出すと、こんなことで悩んでいたのか。

そう納得することもあります。

私は、他人から批判されたと感じた時に、この手法を使います。

あぁ、別に批判したかったわけじゃなくて、アドバイスだったんだなって気がつきます。

昔から卑屈な性格の私は、この方法で良い人を友人を失わずにすんでいます。

音楽を聞く


音楽には、リラックス効果があります。

自分の好きな音楽を聞きましょう。

最近、音楽を聞いていない社会人は必見です。

私は、音楽を聞きながら、変なダンスをして気持ちを高めています。

気持ちが高ぶりすぎて、小指をぶつけないようにお気をつけください。

名言を声に出していう


実際に声にだすことで、自分の中に入りやすくなります。

自分の脳を洗脳して、不安を軽くしましょう。

「自分自信を信じてみるだけでいい。きっと生きる道が見えてくる。」
ゲーテ(ドイツの詩人・小説家・劇作家)

自分の好きな名言を探して見ましょう。

暖かいお風呂に入る


暖かいお風呂に入るとリラックス効果があります。

ラベンダー系のアロマなんて入れると、効果は絶大です。

比較的、軽めの不安の時に使っています。

これをすると、眠りに入るのが早くなります。

軽めの不安がある時は、おすすめです。

あまり暑すぎず、37〜40度くらいにしておくと効果が良いです。

新しいことを学ぶ

不安な自分を成長させることで、不安を解消させる方法です。

学ぶジャンルはなんでもいいですが、自分が関心あるものだとやる気が継続します。

アンガーマネジメントとか、心理学とかは、メンタルが弱めな人にはおすすめです。

私も、上記の2つと、パソコンスキルを勉強しました。

おかげで、役立つ機会も多いので、不安を解消して、仕事にも活かせて一石二鳥です。

これも、比較的軽めな時にやる方がいいです。

不安がずっしりと思い時は、逆に不安になってしまうので、要注意です。

まとめ


やって欲しいことは次の通りです。

  • 深呼吸
  • 限界まで息をとめる
  • 身体を動かす
  • 単純作業に没頭する
  • 自分の気持ちを全て書き出す
  • 音楽を聞く
  • 名言を声に出していう
  • 暖かいお風呂に入る
  • 新しいことを学ぶ

不安がどこからきているかによっても解決の方法は違うことが多いです。

その都度、色々と試してみて、自分オリジナルのマニュアルを作ってみてください。

[voice icon=”https://www.naritoku.com/wp-content/uploads/2017/10/animal_neko.png” name=”なり” type=”l”]フゥ、ようやく不安のタネが去ってくれたよ。[/voice]

[voice icon=”https://www.naritoku.com/wp-content/uploads/2018/04/monster02.png” name=”不安のタネ” type=”l”]またいつでも呼んでね〜♪[/voice]

[voice icon=”https://www.naritoku.com/wp-content/uploads/2017/10/animal_neko.png” name=”なり” type=”l”]もう来なくていいです!!![/voice]

不安を解消して、素敵な生活を過ごしましょう。

それでは、また。
なり。

ABOUT ME
なり
内向的人間で、人と関わるのが大の苦手 家に閉じこもりがちの「なり」が外の世界に冒険に出ます。 いろんな困難に立ち向かいながら、穏やかな暮らしを送っていくために 役立つ情報をお伝えしていけたらいいなと思っております。